負の感情をデトックス!
心の換気「ディープ・ブレス」

あなたの中に充満したネガティブな空気が、不安を呼び、やる気を萎えさせ、さらなるストレスの原因に。

そうした負の連鎖を断ち切るには、このおまじないで心の隅々まで空気を入れ替えること。

まずは鼻からゆっくり息を吸い込み、その空気でお腹を膨らませます。

そして、目一杯フレッシュな空気を取り込んだら息を止めて目をつぶり、お腹の中の淀んだ空気とそれをぐるぐるかき混ぜるイメージ。

よくミックスされたと思ったら、お腹をぺちゃんこにするつもりで、勢いよく口から息を吐き切りましょう。

これを寝る前に3回。

翌朝、爽やかな気分で目覚めることができるはずです。

不安をエネルギーに!
心に滋養「ストレス玉」

大きめのアメを手に握り、心の中のネガティブな思いをそれにギュッと凝縮させるイメージをして、アメ玉ならぬストレス玉を作ります。

あとはそれを最後までなめ切るだけ。

イライラが大きい時は、途中でガリガリ噛み砕いてしまうのも◎。

スッキリするうえ、元気がみなぎります。

気持ちがどんどん前向きに!
「レモン風呂」で元気はつらつ!

イヤな思いを消し去って、気持ちの切り替えを促してくれるのがレモンの香り。

入浴時、湯船に一つ浮かべて香りを楽しんで。

このレモン風呂を一週間続ければ、後ろ向きな心が明るく変化します。

いろいろなことがどうでもよくなる!?
「てっぺん」で心の荷降ろし

小さなことにくよくよ、些細なことにおろおろ…物事に対するそうした反応が、さらなるストレスを呼び込む原因。

嫌なことがあったり気持ちが萎縮しそうな時は、建物の屋上や丘の上など、その時に行ける一番高いところへ。

そこで大きなため息をひとつ。

一気に心が軽くなるはずです。

邪魔モノよ、さらば!?
魔をよける「一輪の花」

ストレスの原因となるよくない輩やネガティブな出来事を遠ざけるには、自室やオフィスのデスクなど、一日の大半を過ごす場所に一輪、キレイな花を飾りましょう。

その花は、直感で選ぶこと。

こまめに水を替えたり挿し替えたり、新鮮さを保つことが重要です。

おすすめコンテンツ

占い・診断・心理テスト ランキング