マヤ暦占い、マヤ暦占星術、マヤ暦カレンダーは、今から4、5千年前に繁栄した古代マヤ文明の先住民、マヤ人によってつくられたものです。

古代マヤ人は望遠鏡のない時代から正確に星を読み、時間という概念を創り出し、暦を作りました。

マヤ文明から伝わるいくつかある暦の中で、マヤ暦占星術では神聖暦:ツォルキンを使います。

古代マヤ人は、宇宙には20人の神様・紋章と、13の銀河の音の組み合わせにより、260の宇宙のエネルギーが毎日降り注いでいると考え、その1日1日を『KIN』と呼びました。

『KIN』を宇宙に刻印してきたIDナンバーとし、生まれた日の宇宙のエネルギーの影響がその人の生涯にわたって影響すると考え、占いとして使われています。

神聖暦「ツォルキン」は、1から260が繰り返され、20の神様が毎日交替で宇宙からエネルギーを流していると考えています。

マヤ暦占いではこのように表現します。

-------------------------
KIN 20 ・ 銀河の音7
太陽の紋章:黄色い太陽
ウェイブ・スペル:白い魔法使い
五つの城:第一の城
-------------------------

◎KIN 20
260周期のKINの中で、20日目ということになります。

◎銀河の音
行動パターンを表すもので13種類の銀河の音があります。

◎太陽の紋章
顕在意識の特性や使命を表します。
KINと関連付いており、KIN7の太陽の紋章は、
「黄色い太陽」の神様のエネルギーが流れている日を示します。

◎ウェイブ・スペル
潜在意識の特性や使命を表します。
ウェイブ・スペルは13日周期です。
その13日間のテーマを意味します。
これもKINと関連付いており、
KIN20の場合はウェイブ・スペルは「白い魔法使い」です。
「白い魔法使い」の特性が13日間のテーマとなります。

◎五つの城
マヤ暦のツオルキンでは意味ある52日間が5回巡って260としています。
1つ52日周期が5つある中で、1番目の城ということになります。
その城その城でテーマがあり、その城ごとのテーマに沿って過ごすと
宇宙のエネルギーを得ることができ、願望実現しやすくなります。

マヤ暦占星術を毎日の生活に取り入れることで引き寄せが起こり始め、願望実現が加速していきます。

宇宙のエネルギーを活用して、なりたい自分を引き寄せてください。

あなたの紋章を知ることで、生まれてきた使命、輝ける生き方や、運勢がわかります。

執筆者

夢想花 蓮

KIN218 白い鏡/赤い月

最近に会った友達が言う。
真面目さは変わらないけど、垢抜けた。
はっきり言って以前はダサかった。
以前の私は、白い鏡のまじめさが押し出されていたようだ。
印象の変化は、赤い月の特徴を生かし始めたからだろう。
紋章を半分ぐらいの比率で使っているのかもしれない。
KINの如く自分の枠組みを超え、使命感を持って、今マヤ暦を伝えている。

夢想花 蓮のブログはこちら

一般社団法人日本マヤ暦セラピスト協会 会員
協会公式サイトはこちら
    【取得資格】
  • 一般社団法人
  • 日本マヤ暦セラピスト協会認定
  • マヤ暦ライフナビゲーター®️
  • マヤ暦ソウルナビゲーター®️
  • マヤ婚シェルジュ®️
  • 看護師
    【鑑定内容】
  • マヤ暦占星術セッション
  • マヤ暦カードセッション
  • TCカラーセラピー

おすすめコンテンツ

占い・診断・心理テスト ランキング

今日の運勢ランキング

占い・診断・心理テストを探す

占い・診断・心理テスト一覧

スポンサーリンク